山口祥義知事が14日、太良町でバラを栽培する原園芸(原充代表)と嬉野市の嬉野高校(掛園真樹校長)を視察した。生産現場の実情について意見を交わし、優秀な介護福祉士輩出を続ける要因を探った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加