3月20日まで、鹿島市の祐徳博物館で。祐徳稲荷神社が所蔵する名品のうち、江戸初期の狩野派の絵師狩野探幽や、江戸後期の画家谷文晁などが描いた人物画の掛軸11点を展示する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加