経済産業省は18日、コンビニ大手5社と協力し、電子的に商品情報を記憶したICタグを2025年までに全商品に貼り付けることを目標とした「コンビニ電子タグ1千億枚宣言」を発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加