■核のごみ、広い視野で 半藤一利氏寄稿の「終戦72年の夏」(11日付)で、「八月や六日九日十五日」という俳句を知りました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加