佐賀市清掃工場で進めるバイオマス事業について、二酸化炭素(CO2)売却量が計画を大幅に下回っていた問題で、市議会建設環境委員会は5日、収支計画の見直しなどを求める付帯決議案を提出することを決めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加