宮城県大崎市は19日、全国瞬時警報システム(Jアラート)の機器整備中、防災行政無線で市全域に「ミサイルが発射され、着弾する可能性がある」と誤って一斉放送したと明らかにした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加