日本で初めて実測で日本地図を作った伊能忠敬(1745~1818年)の功績を紹介する「伊能大図パネル展」が17日から鹿島市民体育館で開かれている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加