■心臓、足腰への負担など 佐賀市の金立山(標高502メートル)に毎週登っている高齢者150人に、登山と健康の関係を探る調査を、鹿屋体育大(鹿児島県)の山本正嘉教授(59)が始めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加