佐賀県は6日、新たに1,499人の新型コロナウイルスの感染を確認した。臨床診断により届出されたみなし陽性は117件だった。また、基礎疾患のあった90代以上1人の死亡と、多久市の病院でクラスターが発生したと発表した。(検査数:1,686件)

 県内の感染確認は延べ97,322人になった。

◆感染者の内訳
【佐賀市:360人】
【唐津市:140人】
【鳥栖市:128人】
【多久市:32人】
【伊万里市:100人】
【武雄市:141人】
【鹿島市:59人】
【小城市:87人】
【嬉野市:66人】
【神埼市:62人】
【吉野ヶ里町:28人】
【基山町:37人】
【上峰町:21人】
【みやき町:43人】
【玄海町:8人】
【有田町:49人】
【大町町:16人】
【江北町:26人】
【白石町:44人】
【太良町:14人】
【福岡県:22人】
【東京都:1人】
【長崎県:14人】
【熊本県:1人】

◆年代別
10歳未満:244人
10代:183人
20代:164人
30代:235人
40代:206人
50代:150人
60代:132人
70代:77人
80代:68人
90歳以上:40人

◆性別
男性:689人
女性:810人

■コロナ患者専用ベッドの利用状況
・病床全体:53.1%(使用数307/確保数578)
・うち重症者用:2.1%(使用数1/確保数48) 
・ホテル使用率:34.2%(使用数212/確保数619)※615部屋から4部屋増加
・自宅療養者数:12,477人 

■重症度別患者数
・重症者数:1人(2.1%)
・中等症者数:104人(18.0%)

■死亡 1件