ワクチンの種類と特徴

 新型コロナウイルスのオミクロン株に対応した2価ワクチンと呼ばれる新しいワクチンの接種を政府が10月にも開始する方向で調整していることが5日、関係者への取材で分かった。オミクロン株の派生型「BA・1」と、これまで使われてきた従来株由来の成分の2種類を組み合わせたもので、現在流行中の派生型「BA・5」にもより高い効果が期待される。8日に開かれる厚生労働省のワクチン分科会で議論する。

 接種対象者に関しては、少なくとも高齢者ら重症化リスクの高い人を含める方針を既に示している。今後得られる科学的なデータ次第では若い世代に打つことも検討しており、厚労省は自治体に全ての住民が対象になる想定で会場の手配などの準備を進めるよう求めている。

 使用を想定しているのは米ファイザーやモデルナが開発中の製品。従来品と比べると、BA・1に対する中和抗体価を上昇させ、BA・5に対しても一定の上昇が見られたとの報告がある。

 例年、国内では年明けから患者が急増していることや、5月から始まった4回目接種から一定の間隔が必要なことを考慮し、10月接種開始案が浮上した。2社は近く承認申請する見通しで、承認されれば9月にも国内で入手可能になるという。

 2社はBA・5と従来株成分を使った2価ワクチンの開発も進めている。だが供給開始が9月より遅れることや、冬に流行するのがBA・5とは限らないことから、政府は早期に手に入るBA・1由来を採用する方針。

 製薬会社は欧州で日本が使用を考えているのと同じBA・1由来の成分が入った2価ワクチンの承認申請を既に行っており、各国で秋以降の追加接種に向けた準備が進む。一方、米食品医薬品局(FDA)は、BA・5由来成分のワクチンを開発するようメーカーに勧告している。【共同】