会員の高齢化や減少により、活動の休止を余儀なくされた伊万里・西松浦地区被爆者友の会。15歳の時に長崎市で被爆した伊万里市伊万里町の中野隆三さん(92)は、ロシアのウクライナ侵攻で核使用の脅威が高まっているのを念頭に「大切な時期に会としての活動ができないのは残念」と寂しそうに話した。