第104回全国高校野球選手権大会の開会式リハーサルで、行進する大阪桐蔭の選手たち=5日、甲子園球場

 第104回全国高校野球選手権大会は6日、甲子園球場で開幕する。今春の選抜大会で優勝し、3度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭など49代表校が参加して17日間(3日間の休養日を含む)の熱戦の火ぶたが切られる。大会本部は5日、新型コロナウイルス感染拡大予防のため開会式の参加選手を各校の主将のみとすることを発表した。

 5日は開会式のリハーサルが行われ、前回優勝校の智弁和歌山を先頭に、興南(沖縄)から旭川大高(北北海道)まで南から北の順に行進した。6日は各校のプラカードに続いて、主将が場内を1周する。

 事前のPCR検査で新型コロナウイルスの集団感染と判定された浜田(島根)帝京五(愛媛)有田工(佐賀)九州学院(熊本)と、新たに集団感染と判定された県岐阜商、多数の体調不良者が出た九州国際大付(福岡)の6校はリハーサルに参加せず、開会式も欠席する。

 選手宣誓を務める横浜(神奈川)の玉城陽希主将は予行練習に臨んだ。

 3年ぶりに一般客を入れて開催。大会中に感染者、感染が疑われる選手が出た場合、試合開始2時間前まで登録変更が可能になっている。【共同】