戸上電機製作所(佐賀市、戸上信一社長)が5日発表した2022年4~6月期連結決算は、売上高が前年同期比3・4%増の54億2千万円、経常利益が20・9%増の3億400万円で増収増益だった。純利益は16・3%増の2億200万円。

 業務用エアコンに取り付ける電磁開閉器の海外向け需要が好調で、電力会社向け配電用自動開閉器なども更新需要の拡大で売り上げ増となった。鉄やステンレス、電子部品など原材料価格の高騰が響いたが、円安による為替差益の計上などで増益となった。

 通期の業績予想に変更はなく、売上高234億9500万円、経常利益16億4500万円、純利益11億4500万円を見込む。(北島郁男)