酒気帯び運転容疑の乗用車に男性がはねられる事故があった交差点。目の前に県警本部がある=5日、佐賀市

容疑者が運転していた乗用車=佐賀南署

 5日午前3時20分ごろ、佐賀市松原1丁目の国道264号の県警察本部前交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた佐賀市堀川町の生花販売会社役員荒尾彰さん(49)が、飲酒運転の乗用車にはねられ、全身を強く打ち、死亡した。佐賀南署は、運転していた小城市三日月町長神田、会社員の男(20)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。

 関係者によると、荒尾さんは佐賀商工会議所青年部で、2020年~21年度に会長を務めていた。

 同署によると、現場は片側1車線。交差点には信号機があり、事故があった時間帯、車道の信号は黄色の点滅状態だった。荒尾さんは市内の病院に搬送されたが約1時間後、死亡が確認された。

 男の呼気からは、基準の2倍を超える1リットル当たり0・33ミリグラムのアルコールが検出された。「飲酒運転して人をはねたことに間違いありません」と容疑を認めている。