橋本康志市長(中央)、林俊子副市長(右から2人目)と面談した(左から)萱嶋章社長、大竹里歩キャプテン、井上美咲副キャプテン=鳥栖市役所

橋本康志市長(右)に2冠達成の記念球をプレゼントする大竹里歩キャプテン=鳥栖市役所

 バレーボール女子・Vリーグ1部の久光スプリングス(鳥栖市)の萱嶋章社長と大竹里歩キャプテン、井上美咲副キャプテンらが5日、同市役所を訪れて橋本康志市長と面談した。2日から基山町で強化合宿を行っており、新シーズンの意気込みを語った。

 萱嶋社長は昨シーズンの2冠達成について「地元の皆さんに熱い思いで応援していただいたおかげ」と感謝を伝えた。大竹キャプテンは「昨シーズン優勝のプレッシャーはあるが、若い選手も成長している。より強くなってシーズンを迎えられるよう新しいことにも挑戦している」と話した。

 橋本市長は「鳥栖市の新練習拠点アリーナも来年春の完成に向けて着々と工事が進んでいる。完成後はより一層、市民とチームの距離が縮まっていくと思う」と期待した。

 合宿は基山町総合体育館で7日まで行い、6、7日の午前中は練習を一般公開する。(樋渡光憲)