「家族が新型コロナウイルスに感染した」と偽り、休暇を3回不正取得したとして、佐賀県は5日、県土整備部係長級の40代男性職員を停職3カ月の懲戒処分にした。度重なる休みを不審に思った上司に対し、病院名の入った陽性証明書を偽造して提出していた。

 県によると、職員は実際には同居家族が感染していないのに1月に1回、2月に2回、家族の感染で濃厚接触者になったと虚偽の申告をし、特別休暇を取得した。不審に思った上司が感染を証明する書類の提出を求め、病院に確認したところ、受診記録がなかった。通常は証明書などの提出は求めていない。

 3回申請した特別休暇の計18日間のうち、土日を除く14日間が正当な理由のない欠勤となり、地方公務員法違反(信用失墜行為)などに当たると判断した。

 職員は「精神的にきつくなって申請してしまった」と話しているという。県人事課は「年次有給休暇などが取りづらい職場環境ではなかった」との認識を示している。(栗林賢)