ソフトウエア開発のアイティーインペル(佐賀市、田中政史社長)が、富士通(東京)の「開放特許」を活用して医療機関向けの新システムを開発した。富士通の人感センサーで患者の動きを把握し、看護師に異常を知らせる技術で、タブレット端末から容易に確認できるように利便性を高めた。