総務省は昨年の参院選の18、19歳の投票率を「主権者教育や周知啓発により一定の成果が出た」と評価し、都道府県選管に引き続き協力を要請、若年層の投票率の底上げにつなげたい考えだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加