鳥栖署は1日、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)の疑いで、住居、職業ともに不詳の男(47)を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2021年10月16日午後0時10分ごろ、鳥栖市原町の国道3号で、覚醒剤などの影響により正常な運転が困難な状態で軽ワゴン車を運転し、信号停車中のトラックに後方から衝突、トラック運転者の首や腰に12日間のけがを負わせた疑い。「全て覚えていない」と否認している。

 鳥栖署によると、尿から覚醒剤、血液から睡眠導入剤が検出された。6月30日に男を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕=同法違反の罪で起訴=していた。