伝統芸能の歌舞伎を身近に感じてもらおうと、佐賀城本丸歴史館で17日、ワークショップが開かれた。歌舞伎役者の中村橋吾(はしご)さん(37)が演じることの魅力や演目の面白さを解説した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加