太良町でカブトムシを育てている町おこしグループ「ファーブル太良」が13日、大浦小の児童にカブトムシの幼虫を贈った。受け取った児童たちは土が詰まった瓶に幼虫を入れ、成虫になる夏を楽しみに育てていく。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加