佐賀学園は有田工に五回コールド負けを喫した。初回に先制の二塁打を放った4番で捕手の林翔は「守備から流れをつくれず、気持ちに焦りが出た」と悔し涙を浮かべた。 初回2死、3番山口蓮太郎が死球で出塁すると、林翔は「とにかく長打でランナーをかえす」と強い気持ちで打席に立った。