最終日は例年より2区間を短縮、8区間56.8キロで競う。 首位を走る小城市は、初日に区間賞を獲得した溝田槙悟(戸上電機製作所)と平石拓也(ひらまつ病院)らで流れをつくる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加