郷愁、旅情といった言葉が似合う木造駅舎。JR筑肥線・肥前長野駅(伊万里市大川町)もその一つ。待合室、出札口、木製窓など、昭和10年(1935年)の開業時の雰囲気を今に伝える。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加