南北朝の争乱の中で将軍足利尊氏と弟・足利直義(ただよし)の間に争いが生じ、直義についた足利直冬(ただふゆ)は北部九州に進出する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加