佐賀県小城市のJAさが佐城地区三日月支所の事業所に勤務する50代男性職員が、2016年3月まで約5年半にわたり、集落営農組織の口座から合わせて約2800万円を着服していたことが21日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加