原子力規制委員会は20日、東京電力柏崎刈羽原発6、7号機(新潟県)の再稼働の前提となる審査を再開した。2基は免震重要棟の耐震性不足などの問題が相次いで審査が停滞。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加