佐賀県が昨年度、県内の中学3年生8912人を対象に、胃がんの主な原因とされるピロリ菌の感染検査を実施したところ、検査した6953人のうち、247人が陽性だったことが県のまとめ(3月末現在)で分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加