総務省は21日、廃止措置計画が認可された九州電力玄海原発1号機(東松浦郡玄海町)に関し、廃炉作業中も核燃料税を課税できるようにする佐賀県の税制変更に同意した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加