鹿島市の鹿島実高の生徒たちが、地元のノリを使ったプリン「KJのりん(のりプリン)」を開発した。商品のお披露目を兼ね、18、19の両日に道の駅鹿島で1日100個限定で販売し、多くの人が買い求めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加