沖縄県・尖閣諸島の接続水域を航行した中国海軍のフリゲート艦(防衛省提供)

 防衛省は4日、同日午前7時過ぎから、中国海軍とロシア海軍のフリゲート艦各1隻が相次いで沖縄県尖閣諸島周辺の領海外にある接続水域に入ったと明らかにした。木原誠二官房副長官は記者会見で「毅然かつ冷静に対処していく」と説明した。外務省の船越健裕アジア大洋州局長が在日中国大使館幹部に電話で抗議し、再発防止を求めた。領海侵入は確認されていない。中ロ軍艦が接続水域内をほぼ同じ時間帯に航行するのは2016年6月以来とみられる。

 防衛省によると、中国海軍のフリゲート艦は、接続水域に7時44分ごろ入り、6分後、外側に出た。海上自衛隊の護衛艦あぶくまが監視に当たった。