商店街を駆け抜け、神社の階段100段を上り、三輪車でも疾走する4時間の耐久レース「ツール・ド・フクモ」が19日、大町町福母で初めて開かれた。町内外から14チーム、110人が参加。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加