シシリアンナちゃんと交流する子どもたち=佐賀市の若楠小

給食のシシリアンライスを盛り付ける子どもたち=佐賀市の若楠小

 佐賀市のご当地グルメ「シシリアンライス」のキャラクター「シシリアンナちゃん」が1日、市内の若楠小を訪問した。各教室を回り、肉や野菜が盛り付けられたシシリアンライスを子どもたちにPRした。

 子どもたちにシシリアンライスの魅力を知ってもらおうと、市民団体「佐賀市はシシリアンライスdeどっとこむ」が実施。この日の給食はシシリアンライスが提供され、子どもたちがご飯の上に甘辛い牛肉とキャベツやキュウリなどの野菜を盛り付け、マヨネーズをかけて味わった。

 シシリアンナちゃんが登場すると子どもたちは歓声を上げ、「どうして頭のお皿にシシリアンライスがのっているの」などと質問しながら交流した。3年の朝岡萌圭(もか)君は「肉と野菜とマヨネーズがパーフェクトに合っていておいしい。お店でもシシリアンライスを食べてみたい」と声を弾ませた。

 同団体代表の中島丈晴さんは「子どもたちにシシリアンライスを佐賀のご当地グルメとして知ってもらうきっかけになれば。ほかの学校にも呼んでもらえればぜひ訪問したい」と話した。(德川詩織)