世の中には男女同じようにかかる病気もありますし、性差によって違いのある病気もあります。女性特有の病気に対し、その方のライフスタイルやライフステージを考慮し治療するのが女性医療です。

 例えばAさんは、生理が多くて日常生活に困って受診されました。健康診断で貧血を指摘されて、近所の先生に貧血の薬をもらって治療していましたが、いったん良くなってもまた次の年には貧血になるのを繰り返しています。検査の結果、筋腫や腺筋症、子宮内膜ポリープなど月経量を多くする病気はなく、40代育児中で次の子どもは考えていないとのことでしたので、マイクロ波子宮内膜アブレーション(MEA)と子宮内黄体ホルモン放出システム(ミレーナ)を説明し、MEAを選択され、術後は生理も少なく楽になられました。

 例えばBさんは、20代未婚で今は資格試験の勉強中、「結婚妊娠は将来的には考えているけど」という方です。生理量が多いのと同時に生理痛やPMSでお困りでした。低用量ピル、ジエノゲスト0.5mg、前述のミレーナを説明し、低用量ピルから試してみることになりました。体に合ったようで、生理痛も軽くなり、勉強を頑張っています。妊娠希望となったらまた方針をご相談する予定です。

 不妊で悩んでいる30代Cさんは、生理が来るたびに妊娠しなかった落胆と、生理の多さ、生理痛で寝込んでしまうそうです。この方の場合、エコー検査で子宮内膜ポリープがみつかり切除をおすすめしました。術後、生理量や生理痛、貯蔵鉄欠乏が改善し、漢方も併用し気分の落ち込みも少なくなったそうです。子宮内膜の着床の環境が改善したのもあり不妊治療後、妊娠されました。

 今回生理量の多さについて3人の例をみてみましたが、原因や背景はさまざま、体質もそれぞれ、合う治療法も違います。わたしの場合はどうなのかなと気になったら、婦人科にご相談されてみてくださいね。

(佐賀市 すこやか女性クリニック院長 西岡智子)