山形新幹線の開業30周年を記念した式典で発車の合図をする山形県の吉村美栄子知事(右)ら=2日午前、JR山形駅

 山形新幹線の開業30周年を記念した式典が2日、JR山形駅の新幹線ホームで開かれた。サクランボのイラストが描かれた記念車両を使用した東京行き「つばさ138号」が、関係者や市民らに見守られながら出発した。

 式典でJR東日本の三林宏幸仙台支社長は「安心で快適にご利用いただけるよう努めたい」とあいさつ。山形県の吉村美栄子知事は「新幹線は開業以来、県と首都圏を結ぶ重要な社会基盤だ。沿線活性化の取り組みを進めたい」と話した。

 山形新幹線は、在来線の線路を改良した全国初の「ミニ新幹線」として、1992年7月1日に福島―山形間で開業。99年12月には新庄まで延伸した。