武雄温泉物産館・営業部長 大渡利勝さん

 武雄の観光業はコロナウイルスと2度の水害で大きな打撃を受けた。ようやく立ち直りの兆しが見え、西九州新幹線開業を迎える準備を進めているところだ。

 各種の割引が増え、観光客も事業者も助かってはいるが、力を入れてほしいのはインバウンド(訪日外国人客)対策だ。コロナ前はインバウンドが収益の柱だった。感染症対策と両立しながら、外国人客の受け入れに本腰を入れてほしい。

 国内は人口減少で活力が減り、円の価値も下がっている。今をチャンスと捉え外国人旅行客を増やし、各地で受け入れ準備を整え地方が潤うような仕組みを作ってほしい。(武雄市)