関西電力は1日、定期検査で停止中の大飯原発4号機(福井県おおい町)で確認された配管の水漏れは、高速の水滴が配管を浸食する「エロージョン」と呼ばれる現象が原因と推定されると発表した。配管を取り換え15日の運転再開を目指す。