多久聖廟では、毎年春と秋に「釈菜(せきさい)」という、孔子や、その教えを引きついだ先哲にお供えをささげる儀式が行われています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加