第70回記念九州花火大会(唐津市と佐賀新聞社でつくる実行委員会主催、DHC特別協賛)は、節目の大会を迎え唐津城天守閣、遊覧船、県ヨットハーバー敷地内から観覧できる特別企画を実施する。対象は佐賀新聞購読者と唐津市民でそれぞれ50人の計100人。7月7日まで募集し、応募多数の場合は抽選する。

 大会は7月17日20時から20分間、西の浜と東の浜の海上から打ち上げる。開催時、唐津城一帯は通常立ち入り禁止だが、今回ペア6組を募る。高さ約60メートルから左右に打ち上がる花火を見られる。遊覧船は2カ所から出港し、募集は県ヨットハーバー24人、唐津東港36人。県ヨットハーバー敷地内にも観覧席28人分を設ける。

 天候による開催の可否は当日15時に判断し、荒天の場合は翌18日に延期する。特別観覧の受け付けは大会ウェブサイトの応募フォームから。問い合わせは大会事務局(佐賀新聞プランニング)、電話0952(28)2151。