3年生を中心とした上位打線と小技を絡める下位打線で得点し、主戦の福山を中心に守る。選手一人一人の力を最大限に発揮し、2003年夏以来の甲子園を目指す。 走攻守に高いセンスを持つ主将長谷がチームの要。1番長谷が出塁し、3番福山、4番貞包で返す攻撃パターンに加え、下位はバントや進塁打で得点機を広げる。