G大阪―広島 前半、ゴールを決めるG大阪・坂本(右)。左は広島・佐々木=パナスタ

 明治安田J1第15節最終日(29日・パナソニックスタジアム吹田=1試合)新型コロナウイルスの影響で未消化だった試合はG大阪が4位の広島を2―0で破り、連敗を4で止めた。勝ち点を20として12位に浮上した。前半に黒川の先制ゴールと、坂本のJ1初得点で奪ったリードを守った。

 広島は7試合ぶりの黒星で連勝が4で止まった。勝ち点は30のまま。