生活困窮、障害などの課題が複雑に絡み合ったケースや、これまでの福祉制度の枠組みでは対応困難だった事案などに対応する「重層的支援体制整備事業」に、佐賀市が本年度から取り組み始めた。県内市町では初めて。