【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は25日、動物由来の感染症「サル痘」を巡り23日に開催した緊急委員会の協議結果を受け、現時点では緊急事態宣言を出すことを見送った。