水しぶきを上げて走る車=25日正午ごろ、佐賀市兵庫南

 対馬海峡にある梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が非常に不安定となっており、佐賀県内は26日明け方にかけて局地的に雷を伴う大雨が降る恐れがある。佐賀地方気象台は落雷や竜巻など激しい突風にも注意を呼び掛けている。

 気象台によると、降り始めの24日午前7時から25日午後4時までの降水量は、鳥栖で79・5ミリ、佐賀市北山で50ミリを記録している。

 25日はJR唐津線が大雨の影響で一部徐行運転となり、列車に遅れが出た。

 佐賀県内では25日から26日にかけて、多いところで南部で1時間に60ミリの非常に激しい雨が、北部は30ミリの激しい雨が降るとみられ、26日午後6時までの24時間では多いところで100ミリの雨量が予想される。