認知症行方不明者の推移

 認知症やその疑いがあり、行方不明として2021年に全国の警察に届け出があったのは、前年に比べ71人増の延べ1万7636人だったことが23日、警察庁のまとめで分かった。統計を取り始めた12年以降、年々増えており、過去最多を更新。9年間で1・84倍になった。このうち236人は21年のうちに所在を確認できなかった。

 警察庁は、認知症の行方不明者は事件や事故に遭う可能性が高いとして、早期発見・保護のため自治体など関係機関と連携するよう都道府県警に求めている。

 警察庁によると、都道府県別は大阪の1895人が最多。埼玉が1875人、兵庫が1804人と続いた。

 21年に所在が確認されたのは、20年以前の届け出を含め1万6977人。確認までの期間は、73・9%が届け出の受理当日で、99・4%が1週間以内に見つかった。「2年以上」が4人いた。また、450人は事故などで亡くなっていた。

 佐賀県警人身安全・少年課によると、県内では昨年1年間の行方不明の届け出は446人(男性283人、女性163人)で、過去8年間の統計で行方不明者数が最少だった前年より35人増加した。このうち、認知症の不明者は48人(前年比6人増)だった。

 原因や動機は「家庭関係」が80人、「認知症を含む疾病関係」が70人、「事業・職業関係」が32人など。年代別では20代が119人、30代が83人、70代以上が73人、40代が52人と続いた。届け出から1週間以内に見つかったのは301人で、発見時に亡くなっていたのは27人だった。