雨が降る佐賀市内=2022年6月25日午前9時頃

 対馬海峡にある梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込む影響で、大気の状態が非常に不安定となっている。佐賀県内は25日昼前にかけて局地的に雷を伴う激しい雨が降る恐れがある。佐賀地方気象台は、土砂災害や低い土地の浸水、落雷や竜巻、激しい突風などに注意を呼びかけている。

 気象台によると、佐賀県内で25日に予想される雨量は南部、北部ともに多いところで1時間に30ミリ、26日午前6時までの24時間では多いところで80ミリの雨量が予想される。