公正取引委員会九州事務所は20日、支払代金を不当に減額するなどの「下請けいじめ」があったとして下請法違反で勧告・指導した件数が九州7県で2016年度は353件と9年連続で過去最多を更新したと発表した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加