選抜大会に出場した第2シードの有田工。バッテリーを軸とした守備から流れを引き寄せ、夏の甲子園を目指す。 守備の要は主戦塚本=写真。120キロ台後半の直球に変化球を織り交ぜ、凡打に打ち取る。捕手の上原は声掛けで塚本を支え、チームの雰囲気も盛り上げる。