サリーなど華やかな衣装をまとって式に臨む入学生=佐賀市の佐賀バルーンミュージアム

ネパールの民族舞踊を披露する入学生=佐賀市の佐賀バルーンミュージアム

 日本語学校「佐賀ランゲージセンター」の第1回入学式が23日、佐賀市の佐賀バルーンミュージアムで行われた。ネパールや中国からの入学生43人が、日本語学習への気持ちを新たにした。

 同校は今年4月、ヒューマンアカデミー日本語学校佐賀校から運営を引き継ぐ形でバルーンミュージアム4階に開校した。入学生は日本語を2年間学び、専門学校や大学への進学などを目指す。

 式には、入学生がネパールの民族衣装「サリー」など華やかな衣装を身にまとって出席した。入学生を代表して同国出身のドゥンガナ・ビニタさん(23)が「将来の夢を叶えるため、目標を持って勉強しないといけない。一緒に頑張りましょう」と抱負を語った。また、同国の民族舞踊も披露され、式に花を添えた。(德川詩織)