国が生活保護費を引き下げたのは憲法に違反するとして、東京都内の受給者らが区や市に対し、減額処分の取り消しを求めるなどした訴訟の判決で、東京地裁は24日、処分を取り消した。大阪、熊本地裁に続き3例目。